レアワイン&モルトウィスキーのお店 熊本「閃屋(ひらめきや)」

ワインリスト ウィスキーリスト      


RSS

マスターズブログ >>
01/17(木) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/16(水) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/15(火) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/14(月) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
01/13(日) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません

移民

ここ数年来私の日常の世界に外国の方々が目に付くし日常会話も増えた。
昨年から急速に政府は労働力問題で様々な提案を出している。
根本問題を忘れた、英国のブレグジット問題を学ばない考えだ。
真剣に未来の姿を思い描けばどうすればよいかわかるはずだが、それをせずに目先だけを観るのは 明日の百より今日の五十 よりひどい思い出はないだろうか。
ひょっとして目の前にある日本の危機は始まってしまっている気もする。
労働力不足ではない危機だ。考え方の破綻!


確執

今の世の中は過ごしにくい。
でも将来よりはいいような気もするも。
その点昔はよかった。仕事で営業に出かけても半日くらいいや一日会社に連絡しなくても何のことはなかった。今は位置情報が瞬時に知られる。
そんな具合だから他人様との接点が増えてしまい、衝突が増える。
無視するとこれまた騒がれる、引きこもると騒がれる。
死ぬまで現役と騒がれる。
安らぎはぼけることと思っていたら、その治療方法がどうやら現実化している。
おちおちぼけられやしない。
ゆく先々で衝突することが現代社会と覚悟することか。


お客様

観光客を呼び込むとかおもてなしとかどうも私にはなじまない。
真に魅力ある唯一無二のものとか独特の個性を確立する努力を長年継続することなしには生まれない。
あから、その素晴らしい何かを求めてくる方々にその真の姿を理解される努力と環境を作り上げる必要がある。
何もないのに客を取り込むのは、歓楽街の客引きに等しい。そしてぼったくりである。
お客様を満足させるのは本物でないとできない。


成人

今日は成人の日だそうだ。
偏屈な私は乞う考えて書き始めたのだが、考えが変わった。
つまり、私はもう成人を卒業したいと書き始めたが、止めることにした。
なぜかといえば成人映画が観れなくなるしお酒が飲めなくなるからだ。
成人の一部返還なんて甘い考えは、沖縄に基地はいらないというところにも似ている。
都合よいようになる世の中ではない。
成人とは矛盾することの両立いや連立にも平然と対応しやり抜けることだと30歳くらいで分かった。
何でもありなのである。そしてどうしてもだめなのは除かれるのである。


流行語

成人式は今日だったかな明日だったかなと思いカレンダーを見る。
明日か。でも、うちの市は今日で熊本市は明日、二回出るつわものもいる。
18歳が成人になる日も近い。過渡期は混乱するはず。
そういえば、言葉は生き物で世相を反映して千言万語生まれ死んでゆく。
安直な言葉はインフルエンザだ。
日常で使う言葉を自分で考えない人が多いこと、身近なところで入手しようとすること、独創的言葉を避ける心情があることなどすぐに思いつく。
個人の心はそれぞれあるが使う言葉はあまりにも同じである。