レアワイン&モルトウィスキーのお店 熊本「閃屋(ひらめきや)」

ワインリスト ウィスキーリスト      


RSS

マスターズブログ >>
08/17(土) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
08/16(金) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
08/15(木) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
08/14(水) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません
08/13(火) 
画像ファイルはありません 添付ファイルはありません

真意 本意

私だけかもしれない、こう思っているのは。
世の人々に目的はないのではないかと。
ポイントポイントで修正してゆき、なんとなくいいと感じる方に向かってそうならば上出来だと。
このレベルにいついつまでに到達したいと思うのは、一部の宇宙だけの話かもしれない。
人生はそんなもんで良い訳がないが、現実がそうだからしかたない。


休み明け

休みなく仕事はしていたから休み明けにはならないが、この休み明けの雰囲気は休みがなかった私にも何か感じるものがある。
すなわち、倦怠感である。
二三時間もすると無くなる雰囲気だが、この嫌な感じが繰り返し年に何回もあるのが嫌だ。
この雰囲気というか感覚がなくなる世界が来ると日本人もいよいよぐうたら人に昇格する。
来るのか来ないのか次世代人にかかる。
そうなるといよいよ経済衰退国になる。
いいのか悪いのかは神のみぞ知る。
いいはずはないのだが世のすう勢だ。


避難のアナウンス

50年に一度の大雨の気象庁の発表は衝撃的だった。
衝撃が強いということは、慣れてしまうと少々の脅しでは避難しなくなる。
避難勧告も全市民避難なんていう不可能なアナウンスとなる。
ラジオは初めて聞くなら耳を傾けもしようが、毎度毎度同じアナウンスを繰り返し流す。
しかたなく義務感で流すとしか思えない。
肌感覚で危機感を察し一言で機敏に動く、ことなんて現代人はできないしやろうとも思っていない。


芸術

カタカナでもひらがなでも何でも構わないが、芸術が好きだ。
でも、おいらが好きな芸術は現代社会では生まれずらい。
少子化だからではなく、芸術の考え方が違ってきているようだ。
どうも一人しずかに楽しむのが良さそうな雲いきだ。
芸術が芸術もどきになり反芸術になり何でもないものになった。


同じじゃ?

英国のボリスはトランプと同じだ。
最近はどちらがジョークができるだろうかなんて比較されているが、話にならない。
隣国の北南朝鮮も言動行動パターンが同じでよく見ないとどちらかわからない。
日本はよくよく嫌われたものだと感じる。
これほど嫌いならもっと離れよ!といいたくなるが、クッツキ虫である。
なんか身近なところに似たような奴がいる。
よっぽど普段からいろんなパターン対応を考えているのだろう。
生きがいは対峙する嫌な奴の上に立つ優越感しかないところが救いようがないことに帰結する。