レアワイン&モルトウィスキーのお店 熊本「閃屋(ひらめきや)」

ワインリスト ウィスキーリスト      


RSS

古酒が怖い

リコルクされていない古酒を開ける、つまり誰かがコルクを抜くとき平気で見れる人はそのワインに何がしかのお金を投じていない人である。
冷やかに冷静に見れたものではないのだ、悪戦苦闘し冷や汗たらたらはソムリエだけではない。
そんなだから古酒を購入して飲むことに躊躇しおまけにソムリエも大変なことは嫌だから失敗なんかしたら半殺しかもしれないと狭心症になりそうなのでめっちゃ若いのを勧めるし店に置かない。
古酒の怖さは瓶の外からでは完全にはわからない。
大枚はたいてとっくに過ぎて枯れ果ててしまっていたでは涙ものだが、これでくじけてはワインラヴァー初心者で見事に裏切られることに美意識を感じ始めてやっと中級者である。上級者になるとひたすら限界に挑む。
完璧な保管状況を必須としながらも冒険心で挑戦し何かを得る。
ワシはそこまではゆかない、たぶん。