レアワイン&モルトウィスキーのお店 熊本「閃屋(ひらめきや)」

ワインリスト ウィスキーリスト      


RSS

煙草の煙

いたるところで禁煙の規制じゃ吸いたい気持ちがなえてくるのだろう。
確かに人の吸った煙を体にまとわりつけせたくない。
でも年に何十回かは煙草の煙も捨てたもんじゃないきになる。
特に寒くなってきて吐くいきが白くなる季節にそう感じる。
だれでも時にはカッコよく吸いたいのだろうが精神の均衡を保つ喫煙は見た目よりも悲壮さが眉間のあたりに付きまとう。
爺は決して禁煙をしているわけではない。
吸いたいときにいただくのだがその時が少ないだけである。
最近条例で歩きたばこ禁止地区で吸っている人を取り締まり注意したら罰金を払って吸った人がいたという新聞記事を読んだ。
ヘムヘムな気分になる。
問題は税金の塊の煙草を吸う気になるかである。
マンゴロウを根元まで吸っていた学生時代はなんだったのだろうか。
                         煙が眼にしみたい、爺